不倫の世界

自分で浮気調査はすべきではありません。その理由は頭に血がのぼってしまうかも知れません。どんな人でも、最愛の人の密会現場に遭遇してしまうと逆上してしまったという例が多く報告されています。スムーズに物事を進めるためにも証拠を掴む可能性を高めるためにも、浮気調査は是非とも探偵にご依頼ください。

探偵は依頼するのにお金がいりますから、自分でやってみようとする人もいるものです。簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、実際にやってみるとそう簡単ではなく、相手に悟られず尾行をするのは簡単じゃありません。気付かれてしまえば相手も対策をとるので、浮気をウヤムヤにされてしまう場合だってあります。絶対に相手の尻尾を掴みたいなら、探偵を雇い、浮気調査をした方がいいでしょう。

車の目立たない場所にGPS端末を取り付けておいて、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、現在地を把握したり、時間のある時に、データを取り出して行動を確認することができます。普段、運転しないような人の場合は、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。それによって、相手が行った場所やそこにどのくらいいたのかもわかります。

浮気調査で先ずすべき事は、本当に相手が浮気しているかの調査です。浮気の痕跡が確かでない場合はひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。証拠が揃い、浮気が間違いなくなったならば、次に、浮気相手の素性を入手する必要があります。主にパートナーの尾行を中心として、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、浮気相手の素性を確定させるのです。

不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度のケースもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、金額は少なくなってしまいます。
ペアーズ
さらに、不倫相手の方が配偶者との肉体関係を認めないときには根拠が必要です。どの人から見てもはっきりとした不倫の証拠を用意しなくてはいけません。

探偵に依頼した仕事が浮気調査だった場合、歴然とした証拠が発見されれば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。心から信用のできない人間と死ぬまで一緒にいるとなるとかなりの精神的な負担になりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料を請求すると別れさせることも難しくはありません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク